Term48 滋賀県立大学生協 生産者訪問ツアー Part1

米農家 安居助廣さんへのインタビュー&昼食

レポーター 滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークル 山滝ひかり

 今回グリーンコンシューマーサークルは滋賀県立大学生協さんの協賛で、生産者訪問ツアーを行いました。

このツアーは、食堂で仕入れている食材の生産者さんを訪問し、各生産者さんのこだわりをもっと知ってもらおうという目的の元、開催されました。

参加者は大学生が12名、普段食堂で働いているパートさん4名、生協の谷口専務、また訪問先の生産者さんである安居さんにも途中から参加していただきました。

 

安居さんに話を聞く参加者さん

 まず初めに、彦根市新海町の安居助廣さんにお話を伺いました。

安居さんは生協食堂に「きぬひかり」というお米を入れてくださっている農家さんです。

37歳でサラリーマンを辞め、専業農家へと転身された安居さんが語る米農家の魅力。

参加者の多くの人が自発的にメモを取り、話に聞き入っていました。

また、ここでは農機具の試乗を行いました。

実際に機械を動かすとあちらこちらから歓声が上がりました。

そして次々と参加者が機械に乗り込み、カメラに向かっていい笑顔を見せて頂きました。

昼食中

昼食は今回回る生産者さんの食材全てを使った卵かけごはんをメインとしたメニューをいただきました。

見学で聞けなかったことやご飯の感想などについて積極的に安居さんに話しかける人、ご飯をおかわりして二杯目の卵かけごはんを楽しむ人。

皆さん様々に盛り上がっており、各テーブルで美味しかったとの声を聞きました。

 ~Part2に続く~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です